様々な種類のある腰痛

腰痛にもさまざまな種類があります。
腰痛になってしまった時は、自分がどの種類の腰痛にあてはまるのか、把握しておくことも大切です。
腰痛の種類によって、適切なアプローチはそれぞれ異なってきます。
ここでは、腰痛の様々な種類についてご紹介していきます。

 

慢性腰痛

 

腰の痛みが長い期間続く腰痛の症状です。
腰の筋肉が疲労しているなど、腰周りに疲れがたまっていることが原因です。激痛というよりも、緩やかな痛みが長く続くようなイメージです。

 

ぎっくり腰

 

腰の筋肉が突発的に炎症し、上半身を支えるのがきつくなった状態です。ぎっくり腰になってしまうと、身動きとるにも腰が痛くてつらくなります。一時的な腰の痛みなので、長く続くことはありません。

 

ただし、ぎっくり腰が癖になって、治ったと思ってもまたぎっくり腰になってしまう事があります。加齢に伴い、ぎっくり腰のリスクは高まってきます。それは年齢と共に、筋力が衰えてくるからです。
日頃から腰の筋肉を鍛えておき、ぎっくり腰になりにくい体質にしていきましょう。

 

筋・筋膜性腰痛

 

突然体を変にねじってしまった時、重い荷物を持ちあげた時に、筋肉がダメージを受けることで発生します。長時間同じ態勢でいた場合も、筋肉に疲労がたまってしまい、筋・筋膜性腰痛を引き起こすことがあります。単純に、運動不足や太りすぎで起こることもあります。

 

椎間関節性腰痛

 

悪い姿勢やねじった態勢をとったことにより、腰が捻挫したようになる症状です。背骨の関節に、無理な負荷が加わることが原因です。靭帯が強く引き伸ばされると、激しい炎症が出ます。初期症状では、ぎっくり腰のような症状が出てくるでしょう。